対象施設

あさくら温泉:ホテルグランスパアベニュー 幸楽の湯

  • mixiチェック

選定委員のおすすめポイント

美肌の湯 なごみの湯 やすらぎの湯。

住所
朝倉市甘木1677-2
電話番号
0946-22-1215
営業時間
6:30〜23:00
無休
料金
<御湯印帳提示で> 大人600円(入湯税別)、こども400円(入湯税別)

<通常料金> 大人800円(入湯税別)、こども400円(入湯税別)
泉質
硫黄泉
泉人優待
大浴場 入浴料一回無料

甘木鉄道・西鉄甘木駅から徒歩約2分
駐車場:普通車150台

修行者からのヒトコト

温泉つきホテルとしては〇

ぐっちさん

2018/07/01 19:26:17

温泉は決して悪い訳じゃないけど営業時間の長さ以外は近くの卑弥呼ロマンの湯の方が上。
でも駅前で高速インターからも近く無料駐車場もあるので温泉つきのホテルとしてはとても便利かと

時間帯によるのかな?

第 1591 代 泉人 哲也さん

2018/05/21 14:08:13

時間帯によるのか土曜日の夕方ということもあって、脱衣場が大変混みあってました。掛け流しと謳われてましたが、汚れのせいか温泉が多少濁り気味・・・。あれは決して温泉の色ではありません。同じような泉質なら程近い場所にある卑弥呼の湯の方がずっと良かったです。星3/10

駅前

見習い ダイナマイト四国↑↑さん

2016/10/22 11:40:18

タイミングがよく、客がいなくて貸し切り状態で湯に入れました。
男湯→高温と低温有り。サウナと水風呂も。
女風呂は、露天と大浴場選べるみたいです

お風呂の日

第 1166 代 泉人 てんげさん

2016/09/25 07:40:09

こちらの施設は毎月25日を「お風呂の日」として、大浴場の入浴を400円にサービスされています。ただし、スタンプは押せません。湯巡りの際はご注意ください。

交通案内

第 280 代 泉人 なくら たけしさん

2016/04/21 21:39:06

☆☆
 最初に御湯印帳を出しましょう。修行者料金で600円になります。温泉施設の名前はたぶん「幸楽の湯」で、それがホテルの建物内にあるという感じです。ホテル名を指定施設名としたのは、施設側のホテルの宣伝を兼ねたいという意向があったのかな。ちなみに温泉施設の泉質説明に「衛生管理の目的から加湿しています」と書いてあるのはご愛敬。たぶん「入浴に適した温度にするため加温してます」と書きたかったんだろうと思うけど、ちょっと間違いすぎ^^;
 お風呂から西鉄甘木線の電車が出発していくのが見えます。たしかにそれなりの泉質なんだけど、すぐ近くにある卑弥呼の湯と重ねて指定するほどのものでは・・・。浴室内はほどほどくたびれた感もただよっていて、九州温泉道新傾向の「豪華施設系指定」というわけでもなさそうです。
 遠来の客に、「ここが九州を代表する88湯のひとつ」と紹介する気にはちょっとなれないかな。普段使いの湯としては良い湯ですけど。同立地で同系統の湯をこんな感じで指定してたら、別府市内あたりはあと30箇所は指定しないといけなくなりそうだけど・・・。 
 さて、付帯情報。
 同じ甘木市内の温泉施設として、美奈宜の湯をご紹介。九州温泉道クラスとまでは言いませんが、古民家風の施設で風情があり、飲泉もできる湯が掛け流された佳泉。お食事処では、チンチロリンビールにチャレンジしてみましょう。「何かって?」、それは行ってのお楽しみ。2016年に指定施設となったみのう山荘と筑後平野をはさんで相対する位置になり、こちらも筑後平野を見下ろす露天風呂が気持ちいい。
 ついでに上流にある、ロックフィルダムという石を積み上げた土手のような寺内ダムの訪問もお勧めします。なんか崩れそうだけど、崩れないんだよね。いま流行のダムカードをゲットしときましょう。いずれも甘木市街地から、あいのりタクシー美奈宜の杜線(http://www.city.asakura.lg.jp/www/contents/1364432017200/index.html)利用でアクセスできます。
〔2018.04更新〕

  ◆  ◆  ◆
【西鉄甘木駅】から 徒歩1分
  ◆  ◆  ◆
【甘鉄甘木駅】から 徒歩2分

スタンプ帳料金

第 1354 代 泉人 せんべえさん

2016/04/21 20:20:01

一般外来入浴は大人800円のようです。修行者で良かった。得した気分。駅から近く交通の便が良く、こんなに快適で近代的なホテルでありながら本格的な温泉を楽しめるとこ。昨年度までの温泉道にはなかったんじゃない?

コメントを投稿する