対象施設

隼人温泉:浜之市ふれあいセンター富の湯

  • mixiチェック

選定委員のおすすめポイント

言わずと知れた高張性の食塩は、その濃さに大満足。体が浮く。

住所
霧島市隼人町真考390
電話番号
0995-42-7072
営業時間
9:00~22:00
月曜(月曜が祝日の場合はその後の最初の平日)休、12/31~1/1休
料金
大人360円 こども140円
泉質
塩化物泉
泉人優待
 

JR隼人駅よりタクシーで約5分
隼人東ICから車で約1分

修行者からのヒトコト

温泉銭湯(^^)

第 1374 代 泉人 だ・しるばさん

2017/11/10 09:43:33

体は浮きませんでした。浮遊感もありませんでした。
湯上りはサッパリして気持ち良い。
まぁ高張性強食塩泉の感覚は得られないということですね。
なくらさんがおっしゃってる通り加水されてるようですが、加水量も多いと感じました。
普段使いの銭湯の湯としては申し分なく良い湯とは思いますが、温泉道の強食塩泉としては物足りない。

この手の強食塩泉ならば、やはり阿久根市大丸町の特濃強食塩泉「きみよし温泉」を激しく推挙します。成分量もここの2倍もあり独特な色をした源泉がかけ流され、鄙びた感じも良いし、温泉道にふさわしいと思います。また阿久根に指定施設があるとルート的にも湯巡りのバリエーションが増えるので良いことばかり。きみよし温泉さん加入してくれぇ(^o^)

交通案内(その1)

第 280 代 泉人 なくら たけしさん

2014/03/15 05:37:26

☆☆
 町中の小ぶりな公営温泉センターです。
 分析表上では食塩(NaCl)が温泉水1kg中16g(1600mg)という強食塩泉なんですが、たぶん浴感をよくするために、それなりに加水しているようです。まあ海水(1kg中NaCl 30g)に比べれば薄いわけですが、そのままの濃度で浴槽にはるとかなりベタベタした温泉になってしまうからですね・・・。地元の方の普段づかい、しかも新しめの施設となれば、このような泉源の使い方になるのは仕方ないところでしょう。(別の解決策として、源泉は希釈せず、別に「上がり湯」として白湯のお風呂を用意する方法もありますが)
 鹿児島らしく、「ややぬるめ」という浴槽は熱く、「ややあつめ」の浴槽はバリバリ熱いです。後者のほうは、地元の人も「ソラヨッ」って感じで覚悟してから入ってます。
 なお、残念ながら、成分表の時点でも海水の半分ぐらいの食塩濃度ですから、「体が浮く」という感触は私は感じることができませんでした。たぶん、何も知らずに訪れたら「いい湯だった」と感激して帰るところですが、これが九州88湯に追加リストアップされた湯と言われるとちょっと釈然としないところです。今後、追加するときは「ああ、ここが選に漏れていたのはなるほどイカンよなぁ」って感動できるところにして欲しい・・・。
 追 隼人付近では、小鹿野温泉が特色ある湯として知られていましたが、自炊できる幸荘は残念ながら廃業してしまい、下小鹿野温泉と通称される野湯も撤去されてしまいました。しかし、新築された老人施設が駐車場に足湯を新設! 濃厚な赤褐色の湯の花が舞い、垂涎ものです。よこの沈殿枡(?)に大量の湯が掛け流しで捨てられているのがいかにももったいない。でもあの枡は、フェンスに囲まれてるし、よじ登って飛び込むときっと深いからおぼれ死ぬので止めときましょうね。(入った人もいるそうですが・・・^^;)下記、交通案内の「上小鹿野」で行けます。
〔2016.03一部修正〕

交通案内(その2)

第 280 代 泉人 なくら たけしさん

2014/03/15 05:36:42

【JR隼人駅】から
○〔隼人駅前〕三州自動車バス 浜ノ市経由各方面行き 〔浜ノ市〕下車 徒歩2分
210円? 6分 ※〔イオン隼人国分〕経由便は所要15分
九州のバス時刻表 http://qbus.jp/cgi-bin/time/chk.exe?pwd=h/chk.pwd&from=013006204&to=000G01836

※指定施設の岩戸温泉もよりバス停の〔久保田〕から〔浜ノ市〕までの直通バスもあり
http://qbus.jp/cgi-bin/time/menu.exe?pwd=h/menu.pwd&to=000G01836&from=013006276

【JR国分駅】から
○〔国分駅前〕三州自動車バス 上小鹿野行き 〔浜ノ市〕下車 徒歩2分
???円 13分
九州のバス時刻表 http://qbus.jp/cgi-bin/time/menu.exe?pwd=h/menu.pwd&from=000G00694&to=000G01836

※〔浜ノ市〕バス停は3箇所に別れており、「上り」方面は国道10号線上の1箇所ですが、国分駅方面に向かう「下り」は国道10号線上、隼人駅方面に向かう「下り」は隼人温泉の面している細い道上の熊野神社前と別の場所にあるので注意。

町の中の銭湯気分

泉人 303代泉人KAZUさん

2014/01/07 13:01:04

多くの地元の人でにぎわっている温泉でした。地元の物産も置いてあります。

コメントを投稿する