対象施設

阿久根温泉:きみよし温泉

  • mixiチェック

選定委員のおすすめポイント

これぞ鹿児島温泉銭湯の原風景!

住所
鹿児島県阿久根市大丸60
電話番号
099-672-1174
営業時間
13:00~19:00
不定休
料金
大人350円、こども(7~12歳)140円
(2019年4月現在)
泉質
塩化物泉
泉人優待
 

肥薩おれんじ鉄道阿久根駅から車で約5分。
港入口バス停から徒歩1分。

近くにある温泉

修行者からのヒトコト

成分総計 36,740mg!

泉人 ハル坊さん

2019/05/12 09:20:35

阿久根市街にある見た目は古びた銭湯ですが、泉質の濃さはピカ一です。私は湯あたりしてしまい、あまりゆっくりとは入れませんでした。銭湯なので、シャンプー/ボディーソープなし、鍵付きロッカーもありませんが、貴重品は番台で預かってもらえます。

インパクト十分

中級 ぐっちさん

2019/04/21 15:41:52

駐車場は近くにある野畑整骨院と兼用です。
泉質は強烈の一言。目に入ると滅茶苦茶痛いです。
2019年度新規施設の目玉と言っていいでしょう。

ラドン+強塩泉

第 1254 代 泉人 ティアラ☆さん

2019/04/17 07:11:07

鹿児島N o 1の泉質 こんなに成分表をマジマジ見たくなる温泉はありませんネ! 昭和な感じも良く時を忘れてしまう温泉です。近くのぼんたん湯とセットで行かれても良いと思いますヨ。

交通案内(その1)

第 280 代 泉人 なくら たけしさん

2019/04/13 08:18:36

☆☆☆☆
 九州新幹線ができて特急がなくなり忘れられた北薩の小さな市に、これまた忘れられた様に佇む公衆浴場。これがきみよし湯です。漢字で書くと、何かいわれがありそうな「侯吉湯」。真ん前を通っても知らなければ通り過ぎてしまいそう。
 上の写真のとおり、高温の源泉が注がれたばかりの右側の浴槽は、やや黄みを帯びているもののほぼ透明で新鮮な湯ならではのもの。それから送り込まれる左手のやや温度が下がる浴槽は早くも酸化がおこって濁り湯になっています。透明と濁り湯の両方に入浴できるのって、実は貴重なんですよ。(湯口は透明だけど湯船の湯は濁っているのは結構ありますよね) そして湯は、公衆浴場でこれはアリなのかと思うほどの濃厚食塩泉で、かつ放射能泉。この新鮮さなら放射能泉としての効能も十分ありそう。間違えて顔洗うと塩分が目にしみますよぅ。いろんなカラータイルが使われているのも注目ポイントですよ。
 なお、地元の方々には、露天風呂やら電気風呂やらが充実している近所の栄屋旅館が経営するぼんたん湯が、人気のよう。きみよし湯のすぐ裏(・・・というかそっちが表通り)にありますので、入り比べてみましょう。まだ日が落ちると寒い春先に再訪したのですが、温まりの湯である強食塩泉の連湯で、ふらふらと駅に向かって歩いているとまるでヒートテックを重ね着しているかのような感覚に襲われました。
 なお、阿久根駅にはブルートレインの車両を使った列車ホテルがあったのですが、運営していたNPOが夜逃げ同然で放棄し、ゴミ捨て場の一角のようになってます。せっかく水戸岡デザインでおしゃれになった阿久根駅に隣接しながら、なんとももったいない。(四国のうどん屋さんがクラウドファンディングの「オハネフ救出プロジェクト」に成功、近々四国へ移設されるそうです)
〔2019.06更新〕

交通案内(その2)

第 280 代 泉人 なくら たけしさん

2019/04/13 08:18:03

【肥薩おれんじ鉄道阿久根駅】から
《ナビタイム https://www.navitime.co.jp/bustransit/search?orvStationCode=00504593&dnvStationCode=00504589 》
(A)○徒歩12分
(B)○〔阿久根駅前〕南国交通 車庫前(南国交通川内営業所)・佐潟口・西方駅行き 乗車 〔阿久根港入口〕下車 徒歩2分
3分140円
5855&to=019135835

ヽ(*´▽)ノ♪

第 1374 代 泉人 しるばさん

2019/04/12 19:43:46

待ってました♪温泉道指定施設になってくれて嬉しいヽ(*´▽)ノ♪
特濃塩化物泉は初めて浸かった時には体がきゅっと締め付けられるように感じました。独特の色と香りが有り個性の塊のような温泉です。
湯上がりは吸い込んだ湯気のせいで口の中がしょっぱくなるくらいなので、水分補給は欠かせないです。
おじいちゃんから温泉を引き継いだご主人は白クマのようにデッカくて温厚な笑顔で迎えてくれますよ♪
営業開始が13時からなので、漁港の市場食堂ぶえんかんでエビフライを食べてから、きみよし温泉へ入るのが私の至福のルートです。

コメントを投稿する