対象施設

壁湯天然洞窟温泉:旅館福元屋

  • mixiチェック

選定委員のおすすめポイント

独特の岩肌と川のせせらぎ 自然の美に身をゆだねて。

住所
玖珠郡九重町大字町田壁湯62-1
電話番号
0973-78-8754
営業時間
9:00~20:00 不定休
料金
大人300円 こども150円
泉質
単純温泉
泉人優待
 

JR 豊後森駅からタクシーで約15分

修行者からのヒトコト

残念ながら、星★

kaoruさん

2019/06/16 15:41:51

女性専用岩風呂と混浴の露天風呂です。
お湯★★ぬるすぎで…
普通ならばぬるめでも
しばらく浸かればポカポカしてくるけど
それがない⁈どうして?
ロケーション★★露天風呂といえ、手入れ悪すぎて……景色はいいけど……虫の死骸がゴロゴロには閉口です。
対応★先に泊まりの方がいらっしゃいました。その方への応対を待ってました。あなたがたは?と聞かれ、入浴と手帳のスタンプお願いしました。
が、とてもめんどくさそうで、ちょっと嫌な気分になりました。

なので、今後のリピートなし
多方面への紹介なし

野趣溢れる半洞窟風呂

第 1591 代 泉人 哲也さん

2019/04/20 00:40:31

貴重品ロッカーに警察の警告ステッカーが添付され、湯の透明度合からも混浴にはそれ相当の勇気がいりますが、男女とも全裸で堂々と入浴してる様が圧巻です。私は宿泊したので、夜中を狙いひとりで湯浴みを楽しみましたが。お湯はぬる湯で佐賀の古湯温泉に似た感触でしたが、川底から湯が湧きあがる様や秘湯感漂う岩の有様、川の景色等、付随する魅力は余りあるほど。お世話になった福元屋さんも良いお宿でした。星7/10

混浴!

第 1404 代 泉人 ゆきちゃんさん

2018/09/16 08:50:26

女性用のお風呂は洞窟みたいな感じです。
脱衣場は2人並ぶといっぱいです^^;
足元も水が溜まってて岩の上にスノコを置いてるだけなのでくつ下やストッキングは濡れる可能性があります。ヒールとかも危険です(^^;;
石段を降りると3人くらい入れるぬるま湯があり気持ちいいです。
外は混浴でほぼ男性が入ってますが意を決して入りました笑 バスタオル巻いて!
旦那さんが一緒だったので!お湯もめちゃくちゃ透明で身体中に泡が着いて気持ち良かったです!
めちゃ緊張しました〜(・・;)

洞窟の奥からわいてくる

第 1197 代 泉人 スカイラインさん

2016/09/03 23:08:34

川のせせらぎを聞きながら浸かる出来たての温泉、源泉は、良く見ると、微炭酸な気泡が肌に、出来たて源泉の証!
宿泊すると、壁に掛けられた色紙の言葉に心を洗われ、美味しい料理に心も満足

混んでる浴

第 1354 代 泉人 せんべえさん

2016/05/01 04:34:54

どんどん秘湯人気が湧いてきて、特に休日は脱いだ服を置くこともできないほど混んでる印象。混浴なのでカップルが多い時に一人身の男が中に入っていく気まずさといったら…
でも修行者はそんな冷たい視線には負けないもん。湯に浸かればこっちのもの。
…私はワニじゃないですよ、温泉好きなカバさんですよ…
目を閉じ心の中で呟きながら、一時間以上ゆっくり粘って秘湯をしっかり堪能すべし。

特に夏場におすすめです

第 652 代 泉人 ホークスがんばれさん

2013/08/19 14:13:47

以前から
いろんなメディアで
この宿の事は
話題になってたから
今回宿泊しました。
湯は、源泉が39度とぬるめで
透明度が高く、
柔らかいです。
肌を包み込むような
滑らかさで、
胃腸や皮膚病に
効果があるというのも納得。
刺激が弱いので、
長く入っていても疲れにくく
気がつけば
一時間位入ってました。
すると徐々に
体の内側から
ぽかぽかしてきて
爽快でした。
宿の食事もとても美味しく
スタッフの方々の
愛情にあふれる
よい宿でした

交通案内

第 280 代 泉人 なくら たけしさん

2013/05/22 22:45:18

☆☆☆☆☆
 壁に掘りこまれたような窪み、その底の丸石の間からこんこんと湯がわき上がっている。凝灰岩という柔らかい岩でできており、壁面には「南无阿弥陀仏」の字も刻まれている。九州温泉道の初回指定時に選ばれなかったのが不思議なぐらい有名な湯。
 しかし、ちょっと敷居の高いちょうちんを吊す会に加盟する宿が管理するこの湯の他に、すぐ隣の地元管理の共同湯にもぜひ寄ってみたい。ほとんどコンクリートで塗り固められており(湯の湧き出し口のみ、穴が開いたようになっていて丸石がゴロゴロつめこんである)、湯船自体の風情は旅館管理の壁湯に劣りますが、完全混浴で夕方行くとじいやもばあやも世間話をしながら「ぬる湯」に浸っている「昭和の入浴風景」が見られます。「からだの洗い場」と書かれた細長い手前の湯船は、からだをどっぷりとつけて湯の中で石けんでゴシゴシして入浴する為のもの。西洋式ですね^^;
 午前中のひとけのない時間帯を狙うのもいいですが、日本全国で過去帳入りしそうな入浴風景を目に焼き付けるのもいいかも。
 2017年に新規指定になった川底温泉とあわせて、古くから知られた九州の名湯といっていいでしょう。
〔2019.08更新〕
【JR豊後森駅】から
○〔森駅前〕玖珠観光バス 宝泉寺経由菅原・麻生釣・二瀬・串野温泉行き 乗車 〔壁湯〕下車 徒歩すぐ
490円 22分 
九州のバス時刻表 http://qbus.jp/cgi-bin/time/chk.exe?pwd=h/chk.pwd&mp=&area=&from=000G01297&to=004001654

コメントを投稿する