対象施設

湯浦温泉:亀井荘

  • mixiチェック

選定委員のおすすめポイント

アットホームなお宿の100%源泉かけ流し温泉。

住所
芦北郡芦北町大字湯浦66
電話番号
0966-86-0063
営業時間
15:00~22:00
不定休
料金
大人 300円
こども 150円
泉質
単純温泉
泉人優待
入浴料50%OFF

肥薩おれんじ鉄道湯浦駅から徒歩約10分

近くにある温泉

修行者からのヒトコト

お気に入りの湯です

泉人 ハル坊さん

2018/10/08 08:49:32

昨年9月に初めて訪問して以来、4度目の宿泊になります。お湯は透明な単純泉ですが、浴室いっぱいにあふれる硫黄臭がホンモノの温泉を実感させます。近所(徒歩圏内)に4つの公衆浴場があるので、はしご湯も楽しめます。芦北町には他にも吉尾温泉はじめ目立たない名湯があるので、数日かけてゆっくりと湯めぐりしたいと思います。コメントで紹介されている計石温泉も湯浦とは全く違う泉質が楽しめますよ。

小さい宿の良泉

第 1591 代 泉人 哲也さん

2018/05/26 19:51:24

湯浦駅から徒歩で8分ほど踏切渡ってすぐのところに立地。こじんまりした宿の温泉はややぬるめで、とろみが若干ある優しいお湯でした。星7/10

交通案内(その1)

第 280 代 泉人 なくら たけしさん

2013/04/30 22:08:45

☆☆☆
 地味ながらも、5軒の共同浴場(うち1軒は日帰り入浴を受け付ける亀井荘)をもつ湯浦温泉。日が落ちると駅前も真っ暗なこの集落に、なぜこれだけの共同湯が共存しているのか不思議に感じます。このような地味な温泉が、泉質で選ばれているのが九州温泉道のいいところですね。
 亀井荘は、駅から北に向かって徒歩8分で着く、最も近い入浴施設です。かつては、3人も入るといっぱいになる小さな浴槽(上に掲載されている写真のもの)に40℃前後のちょびっとぬるめの湯が注がれていたのですが、評判が評判を呼んで大浴場に改築。でも、非加熱の掛け流しはしっかりと守られており、浴室に入ったとたんにあふれる硫化水素臭に思わずうっとり。水栓が黒変しているのも、その証拠ですね。(汚れているわけではなくて硫黄による化学反応です)
 なお、川を渡った向かい側にある、昔ながらの銭湯の雰囲気を持つ「岩の湯」も好きだったのですが、こちらも改築されてこれまた小綺麗に。ただし、密かに評判になっていた「うさぎの湯口」はそのまま新浴場に移設され、いまも口からふんだんに湯をはき続けています。
 その他の共同湯もその周囲に密集していますので、徒歩で充分はいりまくることができます。
 近隣の湯として、ロープウェイで登る露天風呂を持つ「つなぎ温泉」(〔津奈木駅〕から徒歩10分)、源泉が海底にありそこから引き湯しているという「計石温泉」(〔佐敷駅〕から徒歩30分、芦北町コミュニティバスもあり)も、物珍しさという点では一度足を運んでいいと思いますよ。
 最後に。温泉道事務局も、そろそろ写真を差し替えましょう。年に1回ぐらいは施設に変更点がないかチェックをかけてください~。
〔2017.11更新〕

交通案内(その2)

第 280 代 泉人 なくら たけしさん

2013/04/30 22:08:23

【肥薩おれんじ鉄道 湯浦駅】から
○徒歩8分
  ◆  ◆  ◆
【新水俣駅】から
(A)○上記、肥薩おれんじ鉄道利用

(B)○〔新水俣駅〕産交バス 道の駅たのうら 行き 乗車 〔湯の浦温泉前〕下車徒歩3分
21分580円
九州のバス時刻表  http://qbus.jp/cgi-bin/time/menu.exe?pwd=h/menu.pwd&from=022003608&to=022008312

※湯浦駅~佐敷駅間には、芦北町のコミュニティバス(http://www.ashikita-t.kumamoto-sgn.jp/www/contents/1307667747012/index.html)の運行もあります。

コメントを投稿する