対象施設

尾之間温泉:屋久島 尾之間(おのあいだ)温泉

  • mixiチェック

選定委員のおすすめポイント

玉砂利が敷き詰められた浴槽の底から源泉が噴出。

住所
熊毛郡屋久島町尾之間1291
電話番号
0997-47-2872
営業時間
7:00~21:30
(月曜日は12:00~21:30)
月曜午前休
料金
大人200円 こども100円
泉質
単純温泉
泉人優待
 

尾之間温泉入口バス停徒歩で約7分

修行者からのヒトコト

世界自然遺産の湯を堪能

泉人 ハル坊さん

2018/01/21 07:17:00

先月の壱岐島に続き屋久島までやってきました。アクセスには時間がかかりましたが、石を敷き詰めた浴槽の底から湧き出る透明なお湯はほのかな硫黄臭があり、良質な温泉を堪能できます。このためだけに屋久島へ来るのはさすがに大変ですが、いわさきホテル、JRホテルからも近いので、観光のついでに立ち寄るのが良いかもしれません。九州温泉道のスタンプは受付の脇に紐でぶら下げられているのですが、やはり利用者が少ないのか新品同様でした。

交通案内(その1)

第 280 代 泉人 なくら たけしさん

2017/06/26 23:01:35

☆☆☆☆
 長崎県の離島に加えて、鹿児島県の離島もついに九州の仲間入り・・・といっては語弊がありますが、いままで指定されたかったのは「車で行けない」からとしか思えない屋久島の尾之間温泉がついに新規指定。「おのあいだ」か「おのま」か「おねま」か読み方がよくわからない(現地の表記も揺れてる)けど、至高の足元湧出湯です。
 鹿児島の離島には、他にも全国(九州じゃないよ)トップクラスの温泉が点在してるんですよ。薩摩硫黄島の東温泉、口永良部島の寝待温泉、中之島の瀬良馬(せらんま)温泉、中之島の西区・東区温泉、悪石島の湯泊温泉、小宝島の湯泊温泉、と温泉通を自称するなら一生に一度は訪れたいところばかり。でも、さすがにこれらは九州温泉道には指定できないよね・・・。いつ帰ってこれるかわからない旅になるからなぁ。まあ、興味がある方は各自ググりましょう。
. 余談です。
 「温泉の効能」ということが言われますが、乱暴な話をすると私は「(温泉特有といえる)効能はない」と思ってます。一般にリストアップされる「神経痛・筋肉痛・冷え性・疲労回復・・・」というのは、温浴効果という温かいお湯による作用。つまり家庭のお風呂でも得られるものです。次には転地効果。これはふだんとは別の場所に行って、日常から解放されることによる療養ですね。ですので、温泉でなくとも旅行に行けば大なり小なりあるもの。
 1回の入浴でどうこうなるのは、皮膚への直接作用(アルカリ性だとタンパク質が溶けるのでツルツルに、強酸性だとカサカサに)ぐらいでしょう。あとは飲泉かな。厚生労働省も温泉療養には2~3週間程度の期間が必要とちゃんと書いてますし、湯治とはそもそもそういうものでした。「○○温泉に1回入ったら○○が良くなった」とかいうのは、もうスピリチュアルな領域で、アルカリイオン水とかを信じる世界です。

交通案内(その2)

第 280 代 泉人 なくら たけしさん

2017/06/26 23:00:56

. 「じゃあ温泉は意味がないのか・・・」というと、食べ物に例えて言えば「山陰に行ってノドグロを食べた」という感じでしょうか。栄養的には「近所のスーパーで買った冷凍サバを食べる」のと変わんないと思いますが、人は栄養のためだけに毎日食事をするわけではありません。画一的なハンバーグだけ(もちろん高級ステーキでも)食べるのはツマンナイ。いろんな場所にいろんな泉質を求めて旅するのは、いわば人生の湯楽でしょう。(逆に言えば、どこに行っても、岩風呂で、シャワーもあって、サウナがついてて、泉質の死んじゃった循環風呂は楽しくない)
 さて。
 足元から湯が湧き出るという九州でも希なロケーション、はるばる船で渡ってきた日常からの開放感、もちろん1泊されるでしょ? 1週間とまではいかなくとも、2日間、夕に朝に温泉も何回も入りますよね。ぜひ、屋久島の温泉の『効能』でリフレッシュしましょ。せっかくですから平内海中温泉と(屋久島)湯泊温泉にも足を伸ばしましょうか^^/
〔2018.04更新〕
  ◆  ◆  ◆
 「屋久島ゆったり満喫乗車券」という屋久島交通バスのフリー乗車券が港や空港案内所で発売中。1日2000円、2日3000円、3日3000円、4日4000円(2日券の設定って必要?^?)で、3日券がオトク。

【宮之浦港】から
○〔宮之浦港〕種子島屋久島交通 栗生橋・大川(おおこ)の滝行き 乗車 〔尾之間温泉入口〕下車 徒歩7分
1290円61分(安房港経由63分) 
屋久島観光協会 http://yakukan.jp/trans/index.html
  ◆  ◆  ◆
【安房港】から
○〔安房港〕種子島屋久島交通 栗生橋・大川(おおこ)の滝行き 乗車 〔尾之間温泉入口〕下車 徒歩7分
650円24分 
屋久島観光協会 http://yakukan.jp/trans/index.html
  ◆  ◆  ◆
【屋久島空港】から
○〔空港〕種子島屋久島交通 栗生橋・大川(おおこ)の滝行き 乗車 〔尾之間温泉入口〕下車 徒歩7分
950円38分(安房港経由41分) 
屋久島観光協会 http://yakukan.jp/trans/index.html

是非!

第 62 代 泉人 五右衛門さん

2017/05/28 11:06:28

私が是非推薦したいと思っていたのがここ。五年ぶりくらいで訪れた。鹿児島からjacの最新鋭機で40分、着いたところでバスに行かれてしまった。そしてタクシーで6000円ほど、それだけかけても行く価値のある所だと思う。単純泉とのことだが、かすかにタマゴ臭のするツルツル湯。のぼせてしまったらもう少し先の海岸にある湯泊温泉に行くのがよい。こちらはぬる湯。
温泉道スタンプはピッカピカだった。もしかして私が一番乗りか?(違ってたらごめんなさい。)

コメントを投稿する