対象施設

栗野岳温泉:南洲館

  • mixiチェック

選定委員のおすすめポイント

酸性泉で泥湯の竹の湯は体験すべし

住所
姶良郡湧水町木場6357
電話番号
0995-74-3511
営業時間
9:00~21:00
不定休
料金
大人 300円
こども 150円
泉質
硫黄泉
泉人優待
 

JR栗野駅からタクシーで約15分
栗野ICから車で約20分

近くにある温泉

修行者からのヒトコト

鹿児島の常宿にしたい

第 1347 代 泉人 レジェンドさん

2017/02/21 19:37:41

通算で4回利用しているリピーターです。初回・4回目は日帰り立寄り、2回目・3回目は宿泊でした。

私は元々、秘湯が好きなこともあり。全国秘湯の宿巡りの一環および、九州温泉道にて訪れることとなった経緯なのですが。やっぱり、ここの一押しは敷地内の八幡地獄から湧き出ていること。鮮度抜群で独特・個性的な酸性・硫黄泉です。この地獄は自由に見学が出来る。お湯への理解を深めるためにも、まずは一見されたし。
その特徴が一番出ているのが言わずもがなの「竹の湯」。本格石造り・木造湯屋の雰囲気がよろしいですね。私もニックネームがタケなので、妙に親近感があり(笑)。
「酸性・含鉄(Ⅱ・Ⅲ)-アンモニア-硫酸塩泉」なんていう泉質名は。全国広しといえども、なかなかお目に掛かれない。…NH4が陽イオン代表名とは…私の知る限りでも、見た記録なく非常に珍しい。ここだけなのだろうか?…しかしアンモニアといっても、全く臭くはないのでご心配なく。基本は酸系だが、何とも形容し難い独特な香りがしますね。
一方で「桜湯」はスタンダードな酸性・硫化水素型という感じ。
「蒸し湯」は鉄輪むし湯などと同じぐらいで。かなり高温で顔面がヒリつきます。慣れないと長居が難しい感じですね。その場合は、顔周りを濡れタオルで保護すると楽になります。
なお、宿泊者専用の「本館内湯」もあり。ここは別源泉です。こちらには分析書がなかったので、宿の方に聴くと竹・桜の中間らしい。こちらも酸性泉といった印象でした。

宿泊の場合では以上で4湯です。ゆっくりと堪能して下さい。

お泊りでは鹿児島地産の料理・酒も揃い。因みに九州だと地獄蒸し(鹿児島流ではスメというのかな)はよくありますが。黒卵は最近のNHK取材以降、始めたとのことが意外だ。直近宿泊時にはたまたま食事サービスで提供あり。東北でも…秋田の「ふけの湯」や岩手の「松川温泉」などでも見掛けたので。実現可能な環境下にはあるが。調理時間&ニーズ的にオプション扱いなのかもかなあ?と思っていたら。4回目訪問時には日帰り受付窓口に並んでいた。今後の定番になりそうですね。

周囲の景観や風情も良。お部屋もきれいで体裁整っていました。しかし、お代はそこそこ感。秘湯のお宿らしいC/P感も抜群で非常に満足。お気に入り宿になりました。鹿児島訪問の際には常宿にしたい。また行きたいなあ~。

蒸し湯と蒸し鶏

第 1254 代 泉人 ちーぽぽ☆さん

2017/02/01 11:14:42

桜湯と蒸し湯に入らせてもらいました。蒸し湯は下にタオルを敷かないとお尻が熱くなって来ます。1分も入っていると…大量の汗が出てきます。洗い場はないので桜湯でゆっくり汗を流すのが良いかと思います。宿泊の方は、名物の蒸し鶏がオススメですよ

交通案内(その1)

第 280 代 泉人 なくら たけしさん

2014/03/15 06:40:49

☆☆☆☆☆
 桜湯、竹の湯、蒸し風呂と3つの湯があり、一時期、日帰り入浴で入れる湯を限定していましたが、現在はどれも入れるようになりました。なお、入るお風呂の数で料金が違います。1つだと300円、2つだと500円、3つの全湯制覇で600円。もちろん、600円にチャレンジしましょうね。
 どの湯も、鹿児島特有の凝灰岩(桜島の火山灰が噴火して堆積した軟らかい石。塀などに多用されている)で組まれているのが特徴です。ちなみに掲載されている写真はキャプションと一致しない桜湯のもの。
 まずお目当ての竹の湯に。泥湯とも言われるが、ここは白色というより黒色の泥が特徴。熱湯が「うたせ」状態(やけどするのでうたせちゃダメ)で注がれているので常に攪拌され、湯が泥色に濁っています。指をつけると関節1つ分から先が漆黒の湯の中に消えてしまう抜群の(?)透明度! ちなみに凝灰岩で組まれた壁の裏に、加水してほどよい温度になった本物のうたせ湯があります。なお、まちがっても湯で顔を洗ったりしないこと。しみますよ・・・、強酸性泉ですから。
 桜湯は、いわゆる宿のスタンダードな浴室。しかし、白い湯の花がたっぷりと底に沈んでいます。こちらも竹の湯と同じ強酸性泉で源泉pHは2前後あるのですが、歯にしみるような竹の湯より酸味がマイルドなので(源泉が熱いこともあり)加水して、一般向けのほどよい加減としているようです。
 最後に、凝灰岩を積み上げた独房のような蒸し湯にチャレンジ。昔の別府の鉄輪むし湯を思わせる、閉所恐怖症の人にはたぶん入れない暗~い重厚な空間です。
 どれもが、九州温泉道クラスの湯で、それが1箇所で入れちゃうというのはなんとすばらしいことでしょう。(できればスタンプも3つ欲しいけど^^;)

 本館の湯治宿泊は残念ながら廃止となり、現在は日帰り休憩用のスペースになってしまったのが少々残念。なお、宿の裏にある八幡地獄は必見。たぶん普通だったら立ち入り禁止にされてしまう大迫力の「噴気」の中に、迷い込んでしまうことが出来ます。もちろんそこらでボコボコいっている「水」に手をつけるときは要注意。熱湯だったりします。雨上がりだとかなり靴が汚れるので注意。

交通案内(その2)

第 280 代 泉人 なくら たけしさん

2013/05/09 01:27:24

【JR栗野駅】から
○★〔栗野駅〕湧水ふるさとバス 東回り・観光回り乗車 〔栗野岳温泉〕下車 すぐ
200円 観光周り:13分 東回り:16分 
湧水町サイト http://www.town.yusui.kagoshima.jp/furusatobus/2015.4.htm
  ◆  ◆  ◆
【JR吉松駅】から
○〔吉松駅〕湧水ふるさとバス 観光回り乗車 〔栗野岳温泉〕下車
200円 16分 
湧水町サイト http://www.town.yusui.kagoshima.jp/furusatobus/2015.4.htm
  ◆  ◆  ◆
【JR新水俣駅】から
○〔新水俣駅〕南国交通 鹿児島空港行き 乗車 〔いきいきくりの郷〕下車
1250円 57分 
九州のバス時刻表 http://qbus.jp/cgi-bin/time/menu.exe?pwd=h/menu.pwd&from=019002660&to=019004140
  ↓ ↓ 乗り換え ↓ ↓
     上記★のバス
  ◆  ◆  ◆
【高速バス鹿児島空港南】  ※福岡~鹿児島、宮崎~鹿児島などの高速バスが停車
※鹿児島空港南バス停より〔鹿児島空港〕まで徒歩10分

○〔鹿児島空港〕南国交通 大口・水俣駅前行き 乗車 〔いきいきくりの郷〕下車
620円 30分 
九州のバス時刻表 http://qbus.jp/cgi-bin/time/menu.exe?pwd=h/menu.pwd&to=019004140&from=000LG0025
  ↓ ↓ 乗り換え ↓ ↓
     上記★のバス

コメントを投稿する